« 出演者第一弾 | トップページ | 6分間練習 »

日本男子フィギュア初メダル おめでとう!!

高橋大輔君、おめでとう。

昨日は日本中が日本男子3人の演技に息を呑む思いでみつめ、そして感動感激を受けたのではないかしら?

高橋君

4回転転んだときは、あ~~~と思ったけれど、その後の顔がすっきり笑顔だったのでこれは大丈夫だと思いながら見ていました。

プログラムが彼にあっているのか、彼がプログラムにあわせるのかわからないほど、とってもいいですね。見ているものを引きつけます。

SPは日本人の振り付け、音楽、衣装もという本当にすべて日本製なんですってね。

これもまた感激しました。

織田君

どうも運に見放されるところがあって~~~

靴紐を結びなおしに行った時のコーチであるお母さんの落ち着いた様子にまたすごいと。

その横にいたモロゾフはなんだかそわそわしてどこかへ(紐探しに行ったのかな?)。

諦めない精神力は次につながるはずです。

小塚君

オリンピックで4回転成功したなんて、これだけでも大きな成果。

あのリンクで滑った気持ちどうなんだろうね?

日本男子フィギュアはこれからも楽しみな時代が続くでしょう。

次はロシア ソチ、また新しいヒーローが現れるかもね。

4回転論議が熱く語られているようで。

金メダルのライサチェック。

4回転を飛ばないで金メダルがどうのこうのといわれているようだけれど、でも他がすばらしかったからの結果でしょう。

ただ、4回転を飛んで失敗したらこうはならなかったということか?

4回転を飛んだプルシェンコは、他がどうも精細欠いた気がします。動きが鈍かったような。

今後の男子フィギュアにおいて、4回転を飛ぶ飛ばないというのがまたテーマになるのかな?

8年前のソルトレークでは、すでの多くの選手が4回転を飛んでいたから。

1

点数を取るためだけに4回転を飛ばないというのではなく、男子フィギュアは4回転に挑戦すべきだと思います。その中で飛ぶ人飛べない人飛ぶけどうまく行かない人、成功する人と出てきてこそ、次の楽しさが出てくるのでは。

オリンピック前年の世界選手権一位の人はオリンピックでは金メダル取れないという男子フィギュアのジンクスも破られ、ロシアの男子連覇も4度で止められた。

という、こともありの男子フィギュアスケートでしたね。

これでアメリカでのフィギュアスケート人気も少しは盛り返すのでは。

ランビエールのフリーは、もう少しプログラムの内容にランビエールらしさが見えてもいいのにと思ったかな。エキシビを楽しみにします。

ブライアンは見ていれなかった。なんだか転んでもその転び方が・・・すぐ起き上がれない体性になってるようで。

出場した選手のみなさん、ご苦労様でした。

日本人選手は今日はあちこちのテレビ局にひっぱりだこのようで、朝のNHKはやはり表情が一番緊張していましたね。その後の民放になると質問者もくだけているから、3人とも笑顔で緊張がほぐれていたようですね。

帰ってきたら大変だよ!!!

次は日本女子。

真央ちゃんは今日当たり現地入りのようですね。

時差ぼけとか大丈夫だよね。

あ~~~~~~~本当によかった。

橋本会長もいろいろ心労もあっただろうけれど、スケート部門でメダルラッシュでうれしいですよね。

|

« 出演者第一弾 | トップページ | 6分間練習 »

2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445004/33452737

この記事へのトラックバック一覧です: 日本男子フィギュア初メダル おめでとう!!:

« 出演者第一弾 | トップページ | 6分間練習 »